ダンスの自主練習場所

自主練習場所

ダンススクールに通い始めると、初めは特に
「ついていけない」
「覚えられない」
などの不安がでてくるので、自主練習はしたほうがいいですよね。

スクールに通っていなくても、学校や職場の行事等でダンスを踊らないといけない場合でも、みんなと合わせる以外で自主練習は必要になってくると思います。

ダンスが上達するのに重要なのが鏡のある場所で
「自分のダンスを目で見て確認しながら練習すること」です。
ではどこで練習したらいいでしょう?

自主練習をする人の大半は自宅ですると思います。
でも、家が狭かったり、マンションなど集合住宅では
下の階に響いてしまうなどの配慮も必要なので、なかなかできない場合もあります。
しかも、普通の家庭には自分の姿を見ながら練習できるほど、大きな鏡なんてないですよね。

もし、自宅で練習できる環境の場合は、夜ならカーテンを開ければ室内の明かりで自分の姿が窓に映ります。
十分鏡の代わりになりますよ。ただ、外から見えやすい場所では少し恥ずかしいかもしれません。

屋外で練習する場合も、何かに自分の姿が映る場所で練習したほうがいいです。
鏡のように反射する建物の壁だったり、実際に鏡になっていたりするところを探してみましょう。
屋外でも夜なら、ガラス張りの建物の前に、自動販売機や街灯などがあれば、自宅と同じ原理で映ります。

ただ、注意したいのが、他人の敷地に勝手に入ったり、交通の邪魔になったりしないよう十分配慮しましょう。
また、子供だけで、夜の屋外での練習はやめましょう。

身近なダンスをしている友達や先輩におすすめスポットを教えて貰うのも手かもしれません。

人気の自主練習スポットには、たくさんのダンサーが練習に集まっていることが多いので、行くだけでも勉強にもなりますよ。