ダンスが上手に見える簡単なコツ

服装・髪型を意識する

テレビやステージなどで見るダンサー、かっこいいですよね。
おそらく、プロのダンサー達は、どんな服装や髪形をして踊っても、それなりにかっこよく見えることでしょう。

ですが、踊るジャンルに合った、おしゃれな格好をしていたほうが、より良く見えるのは当たり前ですよね。
たとえば、ヒップホップをバレエなんかで着るレオタードで踊っても違和感ありますし、逆にダボダボの服でバレエを踊ってもあまりきれいに見えないですよね。

今の自分のスキルで、より良いダンスを見せたいのなら、服装や髪形でかなり変わってきます。

「見た目から入る」
という言葉はあまり良い印象ではないですが、ダンスを良く見せたい場合は必要な部分だと思います。

初心者の場合、「じゃあ一体どんな格好をすればいいの?」と悩むかもしれません。
そんな時は、同じスクールに通う友達や、先生を参考にしたり、ダンス雑誌を見てみたりします。
このサイトでもいくつか紹介していますので参考にしてみてください。

ただ同じダンスのジャンルでもスクールごとに服装などは特色があったりしますので、個性を出すのも大事ですが、スクールの規定などに沿って、臨機応変にした方がいいでしょう。

その場に合ったおしゃれな格好をすることで、モチベーション維持にもつながります。