ダンスが上手に見える簡単なコツ

とにかく笑顔で踊る!

突然ですが、笑顔できますか?

ほとんどの方は日常的にも笑顔は使っていますよね。
「そんなこと?」
と思われるかもしれませんが、かなり重要なことです。

いくら間違えず、振り通りの完璧なダンスをしていても、顔がムスッとしていては見ていてもちっとも楽しくないですしむしろ不快感さえ覚えるでしょう。
曲や振りの特徴などで、あえて挑発的な表情で踊った方がいい場合や、悲しい顔で表現した方がいい場合もありますが、基本は笑顔で踊ること。
ダンサーが楽しそうでなければ、観客は絶対楽しくならないのは当たり前ですよね。

極端に言えば、あなたがステージで踊っていたとして、本当は「疲れてもう限界」と思っていたり、プライベートで嫌なことがあったとしても、それを顔には出さず、笑顔で「楽しい」を演技するのです。

これはホントに効果大です。

特に小さいキッズダンサーなんかは、正直、振りがちゃんとできていなくても、笑顔で楽しそうに踊っていれば、それだけでエンターテーメント要素が出てきます。
上級者になれば、一つの曲の中でも、振りや曲のアクセントなどに合わせて、笑顔だけでなく、表情を変えるとなおいいです。

表情を豊かにするだけで、ワンランク上の「見せるダンス」ができるハズです。