ダンスが上手に見える簡単な方法!

誰にでもできる簡単な方法でダンスが上手に見える!

スポンサードリンク

ダンスに慣れてきて、ある程度踊れるようになったら、ショーとしてのダンスを意識してみましょう。
人に見られることを考えて、「見ている人がどう感じるか」「自分がどう見られているか」を考えるということです。

さて、テレビや舞台で、あなたが「かっこいい」もしくは「憧れる」と思うダンス。
なぜ「かっこいい」のでしょうか?

振りが上手に踊れているから?

確かに振りも上手に踊れているからです。でもそれだけではありません。
例えば、これからお話しする「ちょっとしたコツ」をやっていない人が、その「憧れるダンス」と全く同じ振りを踊ったとしても、見ている人に同じような印象は与えられないと思います。

ダンスの技術とは正直関係ない「誰にでもできること」を実践するだけで、同じダンスがぐ〜んとかっこよく見えちゃうとしたら、やってみたくないですか?
やらないと損だと私は思います。

そんな嘘みたいなコツとは、大きくまとめて一言で言うと、ズバリ「表現力」です。
振りに心を入れるということ。

「そんなこと言われてもピンとこないし、なんか逆に難しそう」と思われる方もいるかもしれません。
ここでは、わかりやすく、簡単にダンスがワンランク、ツーランク上がる私流のコツをお教えします。
難しい技術は必用ありません。誰でもできる簡単なことばかりですので、ぜひ試してみてください。

スポンサードリンク

ダンスが上手に見える簡単なコツ1

突然ですが、笑顔できますか?ほとんどの方は日常的にも笑顔は使っていますよね。「そんなこと?」と思われるかもしれませんが、かなり重要なことです。いくら間違えず、振り通りの完璧なダンスをしていても、顔がムスッとしていては見ていてもちっとも楽しくないですしむしろ不快感さえ覚えるでしょう。曲や振りの特徴など...

≫続きを読む

 

ダンスが上手に見える簡単なコツ2

「ダンスなのに口を動かすって??」と思われますよね。これはちょっと裏技的なコツになってしまいますが、効果的なのです。では、口を動かすとはどういうことかと言うと、踊る曲の歌に合わせて「口パク」、もしくは「歌う」ことです。「歌詞を丸暗記しないといけないのは大変そう」「人に聞かれたら恥ずかしい」そんなこと...

≫続きを読む

 

ダンスが上手に見える簡単なコツ3

テレビやステージなどで見るダンサー、かっこいいですよね。おそらく、プロのダンサー達は、どんな服装や髪形をして踊っても、それなりにかっこよく見えることでしょう。ですが、踊るジャンルに合った、おしゃれな格好をしていたほうが、より良く見えるのは当たり前ですよね。たとえば、ヒップホップをバレエなんかで着るレ...

≫続きを読む