ダンス 必修化

ダンス必修化

スポンサードリンク

文部科学省では、平成20年3月28日に中学校学習指導要領の改訂を告示し、新学習指導要領では中学校保健体育において、武道・ダンスを含めたすべての領域を必修とすることとしました。
そして平成24年度から中学1、2年生に「ダンス」が必修になりました。
ダンスが必修化された理由は、同じく武道も必修化されるのでその突出をカバーし、バランスをとるためだと言われています。
目的としては、ダンスを通した交流で、自己を表現したりすることに楽しさや喜びを味わうことができ、仲間とのコミュニケーションを豊かにし、仲間とともに感じを込めて踊ったり、イメージをとらえて自己を表現したりすることによって、表現力やコミュニケーション力の向上をするためです。
ジャンルは、「創作ダンス」、「フォークダンス」、「現代的なリズムのダンス」の3つの中から学校が選択します。
しかし生徒が取り組みやすいヒップホップやジャズダンスなどの「現代的なリズムのダンス」を選択した学校が6割を超えています。
「子どもたちが親しみやすいヒップホップを通して、ダンスを好きになってもらいたい」との思いからですが、一方で“イマドキ”のリズムの動きに戸惑う体育教諭が多いのが現状です。
ダンスの授業は年間10〜12コマ、開始時期は各学校に任されています。

スポンサードリンク

ダンス必修化「教師の現実」

学習指導要領の改定で、平成24年度から中学1、2年生に「ダンス」が必修になりました。「創作ダンス」、「フォークダンス」、「現代的なリズムのダンス」のいずれかを選択するのですが、生徒が取り組みやすいヒップホップやジャズダンスなどの「現代的なリズムのダンス」を選択した学校が6割を超えています。「子どもた...

≫続きを読む