ダンスで健康な心と体に!

ダンスで心も体も健康になれる!

ダンスと言えば「若者がするもの」というイメージがあるかもしれません。

 

社交ダンスなど、比較的年配の方が多いイメージのダンスもありますが、ジャンルを問わず、ダンスをするということに年齢はまったく関係ありません。

 

「ダンス」と聞いただけで、縁遠いと感じてしまう中高年の方々。

 

ダンスは健康のためにとっても良いのです。

 

むしろ健康を気にされる年代の方にこそダンスをオススメしたいほどです。

 

なぜ健康に良いか?それにはたくさんの理由があります。

足を動かすことで血行が良くなる

血液は心臓のポンプの働きで全身へ送り出されています。しかし、重力などの影響で足には血液が滞りやすいのです。
そこで、通常の生活では使いきれていない足の筋肉を動かすことによって、血液が循環し血行が良くなります。

ボケ防止に良い

健康のため体を動かすということでは、ウォーキングなどももちろん効果的ですが、ダンスでは音楽を使いますよね。
音楽に合わせて体を動かすということは脳の活性化に良いと言われています。また振付を覚えるということも、これに一役かっています。

有酸素運動で良いことたくさん

ダンスの多くがウォーキングなどと同じ有酸素運動です。有酸素運動は、脂肪を燃焼させたり、動脈硬化を防ぐのに有効だったり、自律神経を整えたり、生活習慣病を予防したり、など様々な効果が期待できます。

心も健康に

音楽に合わせて楽しく体を動かせるダンスは、気分もスッキリし、心も体も健康になれます。