ベリーダンスの基本姿勢

ベリーダンスの基本姿勢

スポンサードリンク

ベリーダンスでは姿勢が重要です。
基本のスタンディングポジションがなっていないまま、無理な動きで踊ってしまうと、腰を痛める原因になります。

正しい姿勢で少しずつ動かしていけば、自然にコルセットのような腹筋が付き、腰は守られます。

基本のスタンディングポジションとは

1、両足を肩幅に開いて立つ。
2、左右の足は平行にする。
3、横から見た時におしりが出ないように引っ込める。
4、膝をゆるめ、恥骨を前上にアップさせる意識でおなかを引っ込める。
5、肩を上げて後ろに引いた後、力を抜いてリラックスさせる。
6、胸とあごは軽く上げる。

注意しなければいけないのは、意識し過ぎて緊張してしまわないようにすることです。

ダンスの時だけでなく、この姿勢を普段から意識することで、自然と腹筋が鍛えられ、腰痛改善やポッコリおなかの解消などの効果も期待できます。

見た目も美しいダンスにするため、腰を痛めないようにするため、効果的にきれいな体系になるためにはまずはスタンディングポジションをマスターしましょう。

スポンサードリンク