社交ダンス基本用語

社交ダンス基本用語

スポンサードリンク

ここでは社交ダンスでよく使われる基本的な言葉を紹介します。
「こんなに覚えなきゃいけないの?」
と思われる方もいるかもしれませんが、そんな必要はまったくありません。
何度も言いますが、ダンスは楽しむことが基本です。
実際上手に踊っている人でも用語は詳しくなかったりするものです。
習っているうちに徐々に必要なダンス用語は覚えていきますので、安心してくださいね。
ここでは、参考までにごくごく一部ですが紹介します。

アウトサイドパートナー(OP)

パートナーの右外側に前進ステップを行うこと。左外側に前進することは「左のOP}と言います。

アクロス

体重を支えている足の線を、もう一方の足が横切る動き。

アライメント

部屋に対する足または身体の指し示す方向のこと。

アンダーターン

世紀に回転量より少なくすること。

インサイドエッジ(IE)

足の置き方、使い方で、足の内側のこと。

コンテンポラリーボディームーブメント

前進または後退の時、ステップする足の方向へ、反対側の身体を回転させる動作。

サイドリーディング(SL)

動かす足と同じ側の上体を先行させてステップすること。

シャッセ

3歩をもって構成され、一歩目で開き、2歩目で閉じ、3歩目で開くステップ。

スウィブル

支え足が回転する際に動く足が床を滑るようにつま先で動かす動作。

スウェイ

状態を崩さずに、右または左に傾ける動き。

ダイレクション

全体の進む方向のこと。

トウ

足の置き方、使い方で、つま先のこと。

ヒール

足の置き方、使い方で、かかとのこと。

フットワーク

床に着く足の裏の部分の正しい置き方使い方のこと。

ボール

足の置き方使い方で、つま先と土踏まずの間あたりのこと。

スポンサードリンク