ポップダンス基本用語

ポップダンス基本用語

ここではポップダンスで使われる基本的な用語を紹介します。

アニメーション

ウェーブやムーンウォークなど不思議な動きのスタイル。

ヒット

どこかに当てる意識で筋肉を一気に緊張させること。

ポップ

その場で静止した状態で筋肉を弾くように緊張させること。

ワンポップ、ツーポップ

ひとつのポーズに対して何回ポップを入れるかを示します。

ウェーブ

身体が波打つ様に各関節を動かしていくこと。ウェーブは「通す」と言います。

ティッキング

ウェーブなどで各関節ごとに一つ一つヒットを入れながら連続してリズムを取る動作

パペット

操り人形のような状態でリズムを取る動き。

ポップ・ロック

ポッピングの別称。ポッピング、ロッキングなどをまとめた、オールド・スクールの立ち踊りをまとめてこう呼ぶ場合がある。

アイソレーション

各部位ごとにばらばらに動かす基本動作。すべてのダンスにおいて最も重要な基礎訓練のひとつ。

板付き

曲が始まる前に、あらかじめ舞台上に立っていること。逆は音付き。

うらどり

うらどりはカウントの合間、エン(アンド)カウントでリズムを取るようにすること。アフタービートと同義語。

エンド(アンド)カウント

音楽のリズムの「1、2、3、4」のところに「1&2&3&4」と、カウントの合間にリズムをとること。

キープ

ある態勢で止まり保ち続けること。

コンビネーション

ステップやテクニックなどのつながりで、振りのこと。

ステップ

リズムを取りながら動かす足の動きそのもののこと。上半身を使って展開する技などはステップとは呼ばず、テクニックなどと呼ぶことが多い。

ルーティーン

ダンスの振り付けを一連の流れとして組み立てたもの。