ロックダンスの歴史

ロックダンスの歴史

ロックダンスは1970年代にアメリカ人のDon Campbell(ドン・キャンベル)により考案されました。
なので別名Campbellock(キャンベルロック)とも呼ばれています。

 

1969年、L.A.で当時流行していたFunky Chickenというダンスの滑らかな動きを上手く踊れなかったドン・キャンベルは、その代わりにロックの原型となる静止するダンススタイルを生み出しました。
ロックダンスの代表的な動きで観客に向かって指をさす「ポイント」がありますが、これは彼が観客から笑われたため、指をさしたのが始まりです。
このように、ロックダンスの動きには、何気ない動きを取り入れた物が多く存在しています。

 

そんなドン・キャンベルですが、1970年代に入り、テレビ番組に数多く出演するようになり一躍有名になったことで、ロックダンスは広く知れ渡り普遍的なものになりました。

 

ちなみにダンスで「オールドスクール」というと、ブレイキンとポップ、そして、このロックの3つを指します。