ブレイクダンスの歴史

ブレイクダンスの歴史

ブレイクダンスは1970年代にニューヨークのサウスブロンクス地区のアフリカ系アメリカ人やラテンアメリカ人の若者達によって発展したストリートダンスのスタイル。
ギャングが抗争をまとめる為に銃撃戦の代わりブレイクダンスのバトルを用いていたとされます。

 

また、ニューヨークのロックステディークルーなどのクルー同士による大規模な抗争がメディアの関心を受け、これがダンスチームの急速な成長へと繋がりました。

 

その後ディスコクラブやテレビ番組、公のイベントなどにもブレイクダンサーは進出していきましたが、過剰な人気は1980年代前半には色褪せ、一時下火となりましたが、アフリカの民族舞踊や、ガンビア共和国、マリ共和国などの舞踊、ブラジルの格闘技であるカポエイラの動きなどが取り入れられ進化していくうち、1980年代後半になると再び人気に。

 

現在ではBattle of the YearやUK B-Boy Championships、Freestyle Session等の世界大会も行われるようになっています。

 

日本では1980年初頭に映画「フラッシュダンス」や「ブレイクダンス」の公開によって、ブレイクダンスは広く知られるようになり,「ブレイクダンス」という日本での呼称は、この時一般に浸透しました。