ブレイクダンス

ブレイクダンスとは

スポンサードリンク

ブレイクダンスはオールドスクールに分類されるストリートダンスの一つで、1980年代にニューヨークで盛んになったストリートダンスのひとつ。ブレイクと略されたり、原語のブレイキンとも呼ばれ、ヒップホップの四大要素の一つでもあります。

 

そしてストリートダンスで最もポピュラーなダンスです。

 

ブレイクダンスはフロアー(床)を使って頭や背中などで回転したり、倒立などアクロバティックな動きが特徴のダンスですが、実は様々な要素から成り立っています。

 

 

ブレイクダンスの4大要素

 

1.エントリー
立ったままの状態で踊る技(トップロック、アップロック、ブロンクスステップ)。立ち技全般をトップロックと呼ぶこともある。フットワークやパワームーブに入る前の助走的な動きに使うことも多い。

 

2.フットワーク
屈んだ状態で素早く足を動かしたり挑発したりする動きのことです。フットワークの基本ステップは、1周する間のステップ数(歩数)により1歩〜6歩と呼ばれたりしています。フットワークを中心に様々な動きをするものを総括してスタイル、リズムブレイキンなどと呼び、これらを中心に踊るダンサーをスタイラーと呼びます。

 

3.パワームーブ
回転技やアクロバティックな技の総称。代表的なものに、背中や肩で回転するウィンドミル、頭で回るヘッドスピンなどがありますが、どんどん新しい技が登場しています。一般にブレイクダンスと言うと大抵このパワームーブを思い浮かべるでしょう。

 

4.フリーズ
逆立ちや三点倒立に近い形で、動きを止めてポージングすることである。
いわゆる最後の決めポーズに当たるもので、フットワークやパワームーブのコンビネーションの最後をフリーズで締めくくることが多い。代表的な技は、チェアー、マックス、ハローバック、アローバックなど。

 

 

一度に全ての要素を盛り込む必要はなく、どの動きに重点を置くかはそれぞれのダンサーにより異なります。
これらをより高度なレベルでこなすには柔軟性や筋力、リズム感が必要不可欠であり、時には即興性も求められるでしょう。

スポンサードリンク

ブレイクダンスの歴史

ブレイクダンスは1970年代にニューヨークのサウスブロンクス地区のアフリカ系アメリカ人やラテンアメリカ人の若者達によって発展したストリートダンスのスタイル。ギャングが抗争をまとめる為に銃撃戦の代わりブレイクダンスのバトルを用いていたとされます。また、ニューヨークのロックステディークルーなどのクルー同...

≫続きを読む