ジャズダンスの歴史

ジャズダンスの歴史

20世紀初頭にジャズの音楽が発生し、それと同じ時期にアメリカでジャズダンスが誕生しました。

1930年代には、ジャズダンスの大きな要素「タップダンス」が大流行。
そして、「タップダンス」のトップダンサーにより、世界中の華々しい、舞台、映画、ミュージカルに登場し、世界中に広まっていきました。

現在ジャズダンスとはジャズで踊るダンスではありませんと説明しましたが、実は誕生当時は、ジャズダンスはジャズミュージックに合わせて踊られていました。

当時ジャズダンスはそれまでのクラシックなスタイルを破壊するような、先進的なダンスでしたが、ジャズダンスというスタイルがダンスシーンの中でスタンダード化してしまったことや、ジャズという音楽が、強烈な方向へ進化し細分化されたことなどから、いつのときからか「ジャズで踊る」という概念がなくなってしまいました。
ジャズの音楽の定義も広くなり、ジャズダンスのほうも、ミュージカル風、ヒップホップ系、ブレイクダンス系、ストリート系、フファンキージャズ、ジャズバレエ等、さまざまなものがジャズダンスと呼ばれるようになりました。

そのため今は、ジャズダンスはどんなジャンルの音楽でも踊れるというのが主流になっています。