ヒップホップダンスの歴史

ヒップホップダンスの歴史

ヒップホップダンスは音楽のヒップホップの誕生とともに発達してきました。

ヒップホップは、ディスコが大ブームだった1970年代、アメリカ ニューヨークのスラム街(サウスブロンクス)で、ディスコに遊びに行くお金がない貧困なアフリカ系アメリカ人の若者達が集まるブロックパーティーにより生まれました。

日本にヒップホップを大衆に始めて紹介したのほ1983年の映画「フラッシュダンス」でした。
この映画はヒップホップ映画ではありませんでしたが、その一部に路上でブレイキングやポッピングをする子供たちにシーンがあり、その数秒のシーンに衝撃を覚え、ブレイクダンスを始める人が現れ始めました。
その後ブレイクダンスをテーマにした映画「ビートストリート」などの公開で、世界的にHIPHOPミュージックやブレイクダンスが流行し、HIPHOPは世界各国に広まるようになりました。

1989年頃、日本にはニュースクールの新しい波がニュージャックスイングミュージックの流行とともにやってきました。
ブレイクダンスとは違った新しいステップ系の踊りが日本の若者のハートをつかみ、そのムーブメントは流行に敏感な若者の間に広がっていきました。
そしてその後「たけしの元気がでるTV」の1コーナー「ダンス甲子園」という人気番組をきっかけに、ダンスが爆発的なブームとなり、この番組をきっかけにヒップホップダンスを始めた人も多かったといいます。