ストリートダンス共通する基本の動き

ストリートダンスに共通する基本の動き

ストリートダンスは各ジャンルによって様々な動きやテクニックがありますが、ここではストリートダンスの中でいろんなジャンルに共通した基本の動きを一部紹介します。

なんとなく聞いたことがあるような言葉もあるかもしれませんが、すべて覚える必要はまったくありません。

ダンスは体で覚えて、用語は後からついてくると言ってもいいくらいですので、構えず少しだけ頭に入れておくといいかもしれませんね。

アイソレーション

各部位ごとにばらばらに動かす基本動作。すべてのダンスにおいて最も重要な基礎訓練のひとつ。

アップ

リズム取りの基本。カウントに合わせて上方向にリズムをとること。

キープ

ある態勢で止まり保ち続けること。

クラブ

カカトとつま先を両足で交互につき変えるようにしてハの字のように動かす基本ステップ

ダウン

リズム取りの基本カウントに合わせて下方向にリズムをとること。

ボックス

4歩で足を四角形に動かすダンスの基本ステップ。

ビバップ

素早い脚さばきでのステップやコミカルな動き、ターンなどを主軸としたスタイル

フレックス

足首を90度に曲げた形のこと。反対は「ポイント」。

パンキング

腕をムチのようにしならせて動かす動き、スタイル

ランニングマン

その場で走っているようにダウンやアップでリズムを取る基礎ステップ